スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例のマシンにおける直ドリ再検証

3/26追記あり
一番下です


前回の記事を書くに至った検証方法よりもう少し精度を上げて再検証しました。


使用マシン【BダッシュMk.2】
使用キャラ【キャサリン】
キノコは使用しない


検証方法

<データ収集について>
上記マシンでルイージサーキットを走り、2週目及び3週目のラップタイムを記録していく。1週目はスタートダッシュの質による誤差が出てしまう為除外する。
10回タイムアタックをする。
計20個のデータが集まる。
20個の内、速いものから順に10個のデータを抽出(遅い記録は走るのに失敗したとみなして破棄する)。
その平均と、最も速かったタイムとを実験結果とする。





結果


<最短距離直進の場合>
ミニターボ1回
スーパーミニターボ3回
平均ラップタイム:26.848
ベストラップタイム:26.668


<直ドリをした場合>
ミニターボ7回
スーパーミニターボ3回
平均ラップタイム:26.777
ベストラップタイム:26.642





考察


ちょっとだけ速くなりました。
ミニターボ性能に定評のあるキャサリンですらこの差。
とても実用的とは言いがたい数値です。

VSモードで直ドリを行う利点があるとすれば以下の点です。
後方のライバルにスリップストリームをさせない。
ミドリコウラ等での狙撃を受けにくくする。
ちょっとカッコイイ。
なかなか楽しい。
これくらいだと思います。

アマイの直ドリ精度や最短距離走行に疑問がある方は、ご自分で検証することをお勧めします。
自信をもってやっているつもりですが、思い込みである可能性もありますので是非ご自分でどうぞ。





ちなみに、Miiブルーファルコンでも再検証しましたが上記結果とあまり変わらず地味な差となりました。
ノコノコは疲れたので未検証ですが、大きな差は期待できないものと考えます。
これは、ドリフト性能の良さが裏目に出てミニターボの溜まりが遅く、直ドリの難易度が格段に上昇していることが原因だと考えられます。
無理にミニターボを溜めると少し大回りになってしまう為、理想的なラインから離れてしまいます。
また、理想的なラインを保とうとするとミニターボを積む回数が減少してしまいます。
どちらにせよほんの少しだけ速くなりますが、リスクが跳ね上がります。
操作ミスによりダートに進入してしまう可能性も大きいです。
利点はBダッシュMk.2と同様です。






感想


ご利用は計画的に♪




最後に、

前回記事を見て情報を提供してくださったマヒさん。
本当にありがとうございました。
間違った情報で終わる所でした。


いやあ、お恥ずかしい^^;





■□■追記■□■

あのあと、これってもしや…と思い、
スーパーベビーカーでも同様の実験をしてみたんですが…。

やっぱり1週あたり
0.05~0.10秒
程度しかタイムが縮みません

これってつまり…

可能性その1→アマイの直ドリが下手糞
可能性その2→検証に用いるマシンが間違っている
可能性その3→直ドリはタイムアタック専用
可能性その4→アマイの最短距離直進が上手い(笑)
可能性その5→直ドリは結局のところ高速遠回り(涙)

いや、1の可能性が最も高いんですけどねw


検証動画というものをひとつだけ見つけたのですが、ピーチビーチという障害物が多いコースでの検証だったのでそのデータはあまり信用できなさそう。うp主コメントでもそう書いてありましたしw
ちなみにその動画では1週あたり0.3秒ほど直ドリの方が速かったです。
スポンサーサイト

comment

No title

ちゃんとデータ取って検証までするなんて
凄い……

とにかく2回の検証お疲れ様です!!
  • 2010/03/26(金) 03:33 |
  • やる気 |
  • URL
  • [編集]

Re: No title

>> やる気さん

ありがとうございます!
いやあ、凄いのか暇なのかw
こういうの好きなのでついのめり込んでしまうんです^^;

Wiiハンドルなので後半手首が痛くなりましたw
  • 2010/03/26(金) 11:09 |
  • アマイ |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。